歯ヂカラUP┃インプラントや矯正治療は審美的な治療で歯が変わる

白い歯

治療料金で選ぶ

大人の患者の増加について

白い歯

矯正歯科の治療が日本国内で行われるようになった当初は、なるべく幼いうちに治療を開始する必要があるとされていました。骨格が固まってしまう前に治療を開始しないと、歯並びを矯正することはできないというのが常識のようになっていたのです。当時の矯正歯科治療の技術は、現在に比べるとまだまだ未熟なものでしたので、成人になってからの歯列矯正は技術的に不可能でした。しかし、長い年月をかけた研究のおかげで、現在では大人になってからの歯列矯正も可能になりました。神戸には数多くの矯正歯科クリニックがありますが、ここ数年は大人の患者が受診する姿がよく見かけられるようになりました。この傾向は神戸に限らず全国的に見られているのですが、今後は大人の患者が矯正歯科クリニックで治療を受けるケースがさらに増えるだろうと予想されています。

治療を受ける際には

神戸には数多くの矯正歯科クリニックがありますが、クリニックごとに治療料金がマチマチになっています。神戸以外の場所で治療を受ける場合も同様の取り扱いがなされることになっていますが、矯正歯科の治療は保険が効きません。ホワイトニング治療の一部を保険診療扱いにしているクリニックがたまにありますが、全体から見るとごく例外的なケースです。矯正歯科の治療を受ける場合は、普通の歯科クリニックで虫歯治療を受ける場合とは桁違いの治療費がかかるということを覚えておく必要があります。矯正歯科の治療は、歯の機能的な問題を解決するために行われるものではなく審美目的で行われるものですから、保険の適用を受けることができません。でも、保険診療の縛りを受けない特別な治療が可能になるため、多くの患者が高い満足感を得ています。